グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターへ

フォントサイズ:

お知らせ | 国立大学法人和歌山大学 システム工学部・大学院システム工学研究科

2011年9月の紀伊半島豪雨に関する本学の調査結果が、8月29日の毎日新聞で紹介されました

2016年9月2日

和歌山県などに大きな被害をもたらした2011年9月の紀伊半島豪雨に関する本学の調査結果が、8月29日の毎日新聞朝刊で取り上げられました。

棚田に、土砂崩れを止める砂防効果があるというものであり、自然の斜面と比べると大きな違いがあるとのことです。また、中島敦司教授のコメントも記載されています。

詳細については以下のページをご覧ください。

 

 

このページのトップへ