グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターへ

フォントサイズ:

光メカトロニクス学科 | 国立大学法人 和歌山大学 システム工学部

学科紹介

光メカトロニクス学科ではエレクトロニクス(電子工学)、メカニクス(機械工学)、オプティクス(光工学)を融合させた複合技術を学びます。DVD レコーダーやハードディスクレコーダー、デジカメ、携帯電話といった身近にある便利なモノには、光メカトロニクスの技術が数多く使われています。 たとえば、光を導く非球面レンズやアクチュエータ、データの記録に必要なハードディスクドライブ、電子回路、信号処理技術、画像処理技術などがあります。

光メカトロニクス学科は、「光メカトロニクス計測」分野と「メカトロニクス制御」分野から構成されています。
「光メカトロニクス計測」には、「メカトロニクス計測」、「センサ・アクチュエータ」、「光学計測」、「信号処理」のグループが、「メカトロニクス制御」には、「システム制御」、「ロボティクス」、「知的メカトロニクス」のグループがあります。また、実質的に研究活動等を行う単位として、6つの研究室があります。

本学科ではこのような最先端ハードウェアを構成するために不可欠な要素技術を信号処理論や応用光学、センサ工学、アクチュエータ制御などの講義や実験を通して学び、卒業研究によって実践する場を提供します。 これらの要素技術の総合技術としてロボットに関する教育や研究にも力を入れて、産業界から必要とされる複合技術を習得したエンジニアを育てます。

卒業生は、自動車メーカー、電機メーカー、光学機器メーカー、精密機械メーカー、システム開発会社、印刷会社など幅広い業種の企業に就職し、研究、開発、設計、生産技術などのエンジニアとして活躍しています。

アドミッションポリシー

 

このページのトップへ