グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターへ

フォントサイズ:

お知らせ | 国立大学法人和歌山大学 システム工学部・大学院システム工学研究科

ICCの20周年企画に際し、天野敏之教授が技術協力を行いました

2017年10月10日

ICC(NTTインターコミュニケーション・センター)の20周年企画【リサーチ・コンプレックス NTT R&D @ICC×多元質感知 「質感の再編集 Trans-materiality」】に際し、天野敏之教授が技術協力を行いました。

NTTインターコミュニケーション・センターは、日本の電話事業100周年(1990年)の記念事業として、1997年にオープンした、NTT東日本が運営する文化施設です。

本展示では、ICC20周年企画の中で新学術領域研究「多元質感知」と協働した、質感の再生・編集技術を紹介しています。光投影によって現実世界の「質感の再編集」を行ない、これまでの展覧会ポスターに新たな表現をもたらします。

これらの展示に対して天野教授が技術協力を行いました。

 

このページのトップへ