グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターへ

フォントサイズ:

お知らせ | 国立大学法人和歌山大学 システム工学部・大学院システム工学研究科

天野敏之准教授が、国際会議で“Best Paper Runner Up Award”を受賞しました

2016年10月3日

天野敏之准教授が、9月19日から23日にかけてメキシコで開催された15th IEEE International Symposium on Mixed and Augmented Reality (ISMAR)において、“Best Paper Runner Up Award”を受賞しました。

  • "Gaussian Light Field: Estimation of Viewpoint-Dependent Blur for Optical See-Through Head-Mounted Displays,"
    Yuta Itoh, Toshiyuki Amano, Daisuke Iwai, Gudrun Klinker

IEEE ISMARは、拡張現実感(Augmented Reality)および複合現実感(Mixed Reality)に関する学術的分野において、先導的な役割を果たしています。

 

 

このページのトップへ