グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターへ

フォントサイズ:

お知らせ | 国立大学法人和歌山大学 システム工学部・大学院システム工学研究科

スイス大使館主催のサイバスロン壮行会に中嶋秀朗教授が参加しました

2016年7月21日

去る6月28日(火)に、スイス大使館主催のサイバスロン壮行会が東京で開催され、中嶋秀朗教授が参加しました。

サイバスロンは、高度な技術を駆使して開発された義手、義足、電動車いすなどを使用して行われる障がい者スポーツの国際大会であり、今年10月に、スイスのチューリッヒで初めて開催されます。6つのレースがあり、このうち、中嶋教授は、電動車いす(Powered Wheelchair)レース部門に出場します。この壮行会は、サイバスロンの大会および日本から参加する3チームのことを、広く知ってもらうために、スイス大使館科学技術部が企画しました。

そのため、日本やスイスの多数のメディアも参加しました。また、各チームが開発している最先端の装置について、プレゼンテーションを行う時間が設けられ、中嶋教授が、「RT-Moverシリーズ・P type WA」の紹介を行いました。

詳細は以下のページをご覧ください。

 

このページのトップへ