グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターへ

フォントサイズ:

お知らせ | 国立大学法人和歌山大学 システム工学部・大学院システム工学研究科

中嶋秀朗教授がNHKの取材を受けました

2016年1月7日

【追記】
NHK総合テレビで1月7日(木)18時30分から19時まで放送される「明日のWA!」でも紹介されますのでご覧ください。

 

12月21日(月)に、中嶋秀朗教授がNHKの取材を受けました。

中嶋教授は、これまでに、段差や傾斜部なども移動できるパーソナルモビリティビークル(電動車いす)RT-MoverシリーズのP typeを開発してきました。今年度からは、新たなモデルP type WAの開発を行っています。そして、2016年10月にスイスで開催される障がい者スポーツの国際大会“Cybathlon(サイバスロン)”出場を目指して、日々研究を行い、改良を加えています。

今回、1月4日(月)の7時45分から放送されるニュース番組「おはよう関西」の取材を受けました。同番組の「2016年 今年にかける」というコーナーで放送される予定です。ここでは、中嶋教授が、パーソナルモビリティビークルの開発および実用化にかける熱意や、サイバスロンへの思いを語ります。是非ご覧ください。

 

 

このページのトップへ