グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターへ

フォントサイズ:

お知らせ | 国立大学法人和歌山大学 システム工学部・大学院システム工学研究科

八木栄一名誉教授が、 農業用パワーアシストスーツの実用化に向けた実証実験を行います

2015年11月20日

本学名誉教授で、産学連携・研究支援センターの八木栄一特任教授が、農業用パワーアシストスーツの実用化に向け、この10月から13の県で実証実験を行います。

農業は、全国的に、従事者の高年齢化が問題となっています。また、収穫物の運搬など体に負担のかかる作業も多いのが現状です。農業従事者の身体への負担を減らすことを目的として、八木教授は、システム工学部での在職時に、農業用パワーアシストスーツの開発に関する研究を始められました。

現在開発中のアシストスーツは、重量物の持ち上げ時に、約10キロ分の重さをアシストすることができます。つまり、スーツを身に付けると、20キロの重さのものを10キロ分の力で持ち上げることができるようになります。

また、スーツ自体の重量も、研究を始めた当初は約40キロありましたが、研究の進展とともに軽量化が進み、現在は約6.8キロ、最終的には5キロ台を目標としています。

来年10月目標の実用化に向け、和歌山のほか、青森、山形、岡山、長崎など13県の野菜や果樹農家、JAの選果場などでスーツ100台を導入し、実験を行います。ミカン、リンゴ、スイカやキャベツ、ダイコン、ナシなどさまざまな作物の収穫時に役立ててもらう予定です。

 

 

このページのトップへ