グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターへ

フォントサイズ:

精密物質学科 | 国立大学法人 和歌山大学 システム工学部

学科紹介

自然界では、原子・分子が有機的かつシステム的に結合して様々な物質を形成し、光などの外界と巧みに相互作用しながら多彩で豊かな世界を形作っています。 本学科では、物理と化学の両分野の基本知識を学び融合することで、原子・分子レベルまで立ち入って物質を制御し、新しい特性を持つ物質・材料を創成するための教育と研究を行います。

  • 受験生の皆様へ
  • 精密物質学科で学ぶ対象である物質科学について簡単な例を用いて説明しています。また、大学へ入ったらどんなことをするのかも分かります。

精密物質学科の特色

  • 物理と化学を基礎にして原子・分子レベルから新物質開発の教育研究を行います。
  • 21世紀の錬金術ともいえるナノテクノロジーに関して、基礎から応用にわたる広範囲な研究を行っています。
  • 講義と連動した多彩な演習と実験がカリキュラムに組まれ、また学生の自発的な学習を支援しています。
  • 卒業生の半数以上が大学院に進学し、その後、材料物質の様々な分野で活躍しています。
  • 精密物質学科では卒業研究発表を外部に公開しています。
授業の紹介 精密物質学科で学ぶ授業内容について紹介します。化学と物理学の実験や演習が多いことが特徴です。
施設の紹介 精密物質学科のあるシステム工学部B棟の施設を紹介します。
研究の紹介 各研究室でどんな研究をしているのかを紹介します。
 

このページのトップへ