グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターへ

フォントサイズ:

精密物質学科 | 国立大学法人 和歌山大学 システム工学部

精密物質学科の研究グループ

21世紀の物質開発技術の中心であり人類の積年の夢を実現しうるナノテクノロジー。そこは、まさに物理と化学の境界領域です。

本学科は、ナノ物質の基礎物性を主に研究するナノサイエンス系
応用研究に携わるナノテクノロジー系から構成されています。

2つの系は研究グループから成り立ち、有機的な研究協力により、新機能素材や高性能デバイスの開発を多面的に目指しています。

ナノサイエンス系ナノテクノロジー系


ナノサイエンス系

アクティブマテリアルグループ

アクティブマテリアルとは、光、電場、磁場、熱あるいは圧力などの刺激により分子ネットワークが変化し、性質が変化してしまう物質です。光を当てると磁石になる物質や、光を当てると絶縁体から金属に変わってしまう物質などが実用化されれば、コンピュータや情報ネットワークの処理速度を飛躍的に向上させることができます。また、光を当てると色が変わる物質は、安価な光メモリーに応用することができます。

  • メンバー:伊東千尋 教授
  • キーワード:刺激に応答する材料、分子ネットワークの改変、新機能発現
  • 統計力学、固体物性論、光電子物性論、量子力学

物性理論グループ

光などで物質を部分的に励起した後のダイナミクスを理論解析し、ナノ物質改変操作の新しい指導原理を導きます。超格子量子ドットなどを対象に、ナノ構造特有の新奇な電子状態を理論的に解明・予見し、新しい機能素子の開発や性能向上の指針を得ます。

 

  • メンバー:篠塚雄三 教授、小田将人 講師
  • キーワード:光による物質制御、計算機シミュレーション
  • 量子力学

構造有機化学グループ

分子間に働く弱い相互作用そのものを実験・理論の両面から研究し、新規に発見・命名した拡張超原子価結合等を、有機ヘテロ原子化合物に適用して高機能開発を行います。有機ヘテロ原子化合物を分子間相互作用を含む種々の化学結合で高次に連結することによって、ナノスケールの有機ナノ構造体を構築し、その特異な高機能を開発します。

  • メンバー:奥野恒久 准教授、林聡子 准教授
  • キーワード:合成と計算、有機ヘテロ原子化合物

無機・錯体化学グループ

ナノレベルでの分子の動きと反応を詳細に調べ、有機物の選択的・高効率的合成に欠かせない新しい金属触媒の開発への道を開きます。イオン性金属酸化物金属過酸化物集積体の設計・合成・構造・物性を研究し、新規触媒や無機材料(電極・素子・材料など)の開発につなげます。

 

  • メンバー:橋本正人 教授
  • キーワード:金属錯体の反応化学、無機合成化学、触媒調製、触媒反応機構、無機材料、分子構造と結晶構造の制御、溶液中と結晶中での金属化合物の構造決定
  • 無機化学、構造解析

光機能・ナノ材料グループ

光により機能性を発するナノ材料を創生し、また、光に対する応答現象について実験的に明らかにする研究をしています。量子ドットやフォトニック結晶といったナノサイズの対象物から、分子性結晶や酸化物結晶などのマクロな物質系までを対象とし、発光現象やスピン応答を、可視光はもとより近赤外光から真空紫外光までの広い範囲で探索します。さらに、得られた現象から期待される応用についても研究しています。

  • メンバー:秋元郁子 准教授、尾崎信彦 准教授
  • キーワード:光機能ナノ材料、光学応答計測、結晶成長
  • 量子力学、光電子物性論

ナノテクノロジー系

分析化学グループ

原子間力顕微鏡等の分析装置を用いて分子認識を捉えることにより、分子(またはイオン、原子)1個を認識する単分子センシング技術の開発に挑戦します。外部刺激として光を用いて、これまで成しえなかった分離・分析化学技術の感度・選択性の向上および制御をめざします。

 

  • メンバー:矢嶋摂子 教授、中原佳夫 准教授
  • キーワード:化学センサー、分子認識化学、機能有機材料
  • 分析化学

ソフトマテリアル設計グループ

私たちの筋肉や皮膚などのような、柔らかで、外からの刺激により形や性質が変わるものがソフトマテリアルです。われわれはいろいろなソフトマテリアルの研究・開発を行っています。生体組織などの巧妙な性質を備えた、環境に優しい材料の開発を目指しています。さらに、電気を流すと発光するエレクトロ・ルミネッセンス(EL)材料という、液晶に替わるディスプレー材料なども有機化学の技術で開発を進め、優れた成果を上げています。

  • メンバー:坂本英文 教授、大須賀秀次 准教授
  • キーワード:分子集合体、刺激応答性高分子、バイオ高分子、ゲル、超分子化学、光学異性体、分子認識、有機エレクトロルミネッセンス材料・素子
  • 有機化学、高分子化学

電子材料グループ

半導体ナノ構造を原子レベルで制御して作製し、その構造や電子物性を解き明かして新しい半導体素子への応用可能性を研究します。半導体ナノ結晶を有機・無機材料の母材に分散させたナノ複合体薄膜を作製し、その光学電気物性を明らかにし、光・電子素子への応用を図ります。

 

  • メンバー:田中一郎 教授、宇野和行 准教授、木田浩嗣 教授
  • キーワード:半導体ナノ結晶、有機半導体、酸化物半導体
  • 電磁気学半導体工学

物理化学グループ

有機物を用いて、超伝導物質や新しい導電性物質などを作成し、その構造と物性の関係を研究しています。また、近年は、色々な原子や分子が固体になった際、どのような結晶構造をとるかを非経験的に予測することを目指した研究も行っています。

 

  • メンバー:山門英雄 准教授
  • キーワード:導電性有機結晶、超伝導体、結晶構造予測

生物化学グループ

核酸(DNA・RNA)やタンパク質などの生体分子を「見る」「操る」をキーワードに、様々なケミカルツールの設計・合成・機能評価を行っています。低分子有機合成、核酸合成、ペプチド合成技術を基盤に開発したケミカルツールを用い、バイオイメージング、細胞機能制御、生物動態制御を目指します。

 

  • メンバー:坂本隆 准教授
  • キーワード:生体分子イメージング、分子プローブ、アミノ酸分析、細胞機能制御、機能性人工核酸
 

このページのトップへ