グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターへ

フォントサイズ:

環境システム学科 | 国立大学法人 和歌山大学 システム工学部

生態環境実験実習

自然環境調査方法を実地で学び、環境修復・創造の提案能力を養う。

参考画像

参考画像

環境とは何か。実際の“フィールド”において、“モノ”をよく見て、感じ、考えることが大事です。どんな調査の方法があるのかを学ぶことも大切ですが、この実習では、数ある調査方法の中から、“フィールド”にあった最適な調査方法を選び、環境をどのように改善していくかを“考える場”を提供します。実際に池の調査をしたり、林に入って生物を観察したり、室内で解析をしたりして、“モノ”とふれあいながら総合的な実践能力を身につけます。

 

わかやま新報』にて本講義が紹介されました。

シラバス(学習計画)へ

授業紹介へ戻る

 

このページのトップへ