グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターへ

フォントサイズ:
デザイン情報学科トップページ

プログラミング言語

  • 【担当教員】鯵坂恒夫 教授、【授業区分】専門科目、【単位数】2単位

授業概要

どういう科目?

大学の工学系学部の専門科目は、高校の授業教科でいえば、数学や理科の延長線上にあるものが多いのですが、これは違います。みなさんすでに、高校での教科「情報」をやった人が多いでしょうから、そんなこと言わなくてもわかるのかな。

コンピュータは

いまや身の回りにたくさんあります。パソコンだけがコンピュータじゃありません。携帯電話にも車にも自動販売機にも、コンピュータが入っています。コンピュータは電気で動きますが、モーターや電熱みたいに、スイッチを入れさえすれば役に立ってくれるわけではありません。コンピュータは、プログラムがなければ、不燃物ゴミ同然です。

プログラミングは

コンピュータをつかってあんなことがしたい、こんなことがしたいという人間の考えを、コンピュータがわかるようなデータの配置と処理命令におきかえる作業です。人間の考えは比較的ぼんやりしていてあいまいなところもあるのに対して、コンピュータには、まあこんな感じというのは通じません。細かい命令をきっちり間違わないように見通しよく組み立てなければなりません。でもコンピュータは、自分がプログラムした通りに忠実に動きますから、うまくいくとわくわくします。

この授業を受ける前に

実際にプログラミングしてみる演習がカリキュラムにあります。この授業ではその経験をもとに、プログラムのしくみと正しいプログラミングのしかたについて、体系的に知識を整理して身につけます。

授業紹介トップへ戻る

 

このページのトップへ