グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターへ

フォントサイズ:
デザイン情報学科トップページ

ヒューマンインタフェース

  • 【担当教員】宮部真衣 講師 松延拓生 助教
  • 【授業区分】専門科目、【単位数】2単位

授業概要

ヒューマンインタフェースとは?

人間工学の授業は幅広く人間-機械系を中心とした授業ですが、ヒューマンインタフェースの授業は人間-コンピュータのインタフェースを中心とした授業です。従って、主に人間工学が身体的側面に特化し、ヒューマンインタフェースは認知的側面に焦点を当てています。人間とコンピュータとのインタフェースなので、特に情報面でのやりとりをどのように効率よく快適にデザインするかが主テーマにしています。

デザインとの関係は?

情報のデザインと関係があります。具体的には、各種デジタル表示盤、ケイタイの操作画面、銀行のATMの画面、図書館の検索画面や火力・原子力発電所の監視制御室・監視制御卓の操作画面などが検討する対象です。このような各種表示盤や操作画面等をデザインする際、ヒューマンインタフェースの方法や知見に基づいて行います。又、アイコンをデザインする際もヒューマンインタフェースの知識が必要です。

授業内容

この授業は専門科目の5つの柱のうち、「ヒューマンインタフェース系」に位置づけされています。授業ではヒューマンインタフェースを応用したデザイン例を示しながら、ヒューマンインタフェースの考え方、人間に関する諸情報(主に認知面)、ヒューマンインタフェースの研究手法や設計方法、ヒューマンインタフェースの知見を学びます。更に、人間とコンピュータの関係を具体的に学ぶため、様々な課題に取り組みます。授業の到達目標は、機器やシステムの情報デザイン(画面設計)ができることです。更に、この授業は「日本人間工学会認定人間工学専門家」の受験資格の条件にもなっています。

授業の骨組み

  • ヒューマンインタフェースの基本的考え方
  • 人間の身体情報(認知系)
  • ヒューマンインタフェースに係わる認知心理学他の知見
  • ヒューマンインタフェースの研究方法(パフォーマンス、主観評価、他)
  • ヒューマンインタフェースに基づく情報デザイン(画面設計)方法

授業紹介トップへ戻る

 

このページのトップへ