グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビゲーションへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターへ

フォントサイズ:

受賞 | 国立大学法人和歌山大学 システム工学部・大学院システム工学研究科

吉良俊哉さん:「映像表現・芸術科学フォーラム2016」において口頭発表優秀賞受賞

2016年4月4日

映像表現・芸術科学フォーラム2016 において、視覚メディア研究室の吉良俊哉さんが頭発表優秀賞を受賞しました。

  • 所属:視覚メディア研究室
  • 氏名:吉良俊哉(知的計測クラスタ)
  • タイトル:ポテンシャル法による地形戦術を活用した大規模歩兵戦闘の自律的行動生成
  • 詳細情報:映像表現・芸術科学フォーラム2016
  • 主催団体:映像情報メディア学会 映像表現&コンピュータグラフィックス研究会,画像電子学会,芸術科学会
  • 受賞名:口頭発表優秀賞

ビデオゲームにおいて,プレイヤー以外の多数のキャラクターの群衆同士の歩兵戦闘を自動生成する手法を開発しました.この手法は歩兵戦闘に戦場の地形を活用した戦略を与えることができるため,「それなりに賢い」群衆を再現することができます.

 

このページのトップへ